2010年05月19日

魚の目の葬式 10

L175  大学の裏門を出て、急な坂を下る。
L176  親指に力を入れて急ブレーキをかけないと足がとまら
L177 なくなるほどの坂。下りも一苦労だが、登りも大変だ。
L178  坂を下りきったところに、緑の雑貨店がある。
L179  小さな入り口だ。何回か気になって覗いてみたことが
L180 あるが、買えなかったときのことを考えると気力が萎え
L181 て、四年間ずっと入ったことがない。
L182  その雑貨店を右にまわり歩道をいく。
L183  夕暮れも終わり暗くなってくると、なぜか家路を急ぎ
L184 たくなる心理はどこからくるのだろう。
L185  家に帰ったとて、何かがあるわけではないのに。あの、
L186 家の明かりが恋しいと思う。
L187  急ぎ足になる。
L188  電球が点き始めたホームで、電車を待つ。
L189  ぼんやりと向かいのホームにいる人たちを見ていた。
L190 同じ大学の同じクラスの人たちは居なそうで、ほっと安
L191 心する。
L192  なぜか、人と向かい合うのが苦手で。特に、仲も良く
L193 ない微妙な知り合いの場合。無視していいのか、手でも
L194 振ればいいのか…。なぜそこで悩む? 自分が手を振り
L195 たいと思えば振ればいいし、振りたくないと思うなら振
L196 らなきゃいい。のに、結局は人の目を気にして、自分の
L197 思うように振る舞えないだけなのだ。
L198  面倒くさい。
L199  だから、他人と接するのは疲れるということは知って
L200 いる。
L201  でも、そこからどう脱するのかがわからないでいた。
L202  今までの二十二年間の性格が簡単に変わるわけでもな
L203 く、長い付き合いになりそうだ。
L204  早く、家に帰りたい…。
posted by にお とよむ at 23:14| 千葉 ☔| Comment(0) | 本編・魚の目の葬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。