2010年05月24日

猫と住む、私。 4

L76  朝、目覚ましが鳴るより早く起きた。
L77  猫がいない。
L78 「………」
L79  呼ぼうと思って、名前がないことに気がついた。
L80  布団から出てキッチンに行くと、昨日牛乳を入れた小
L81 皿の前で座って待っていた。
L82 「そっか、お腹空いたね」
L83  人肌に牛乳を温めて、小皿に入れた。
L84  元気よく音をたてて子猫がミルクを飲んでいる間に自
L85 分もパンを焼いて朝食を取る。
L86  いつものように準備をして、スーツを着込んだあとに、
L87 はたと気がついた。
L88  私が会社に行っているあいだ、この猫はどうしよう?
L89  一匹で置いて出てもいいものか?
L90  まさか会社に連れても行けない。
L91  考え込んでキッチンにいる猫を見た。
L92  呼ばれていると思ったのだろうか…んにゃ、と鳴いて、
L93 とことことやってきた。
L94 「いやいや呼んだんじゃなくてね・・・。困ったなぁ」
L95  足下に来た猫を顔の高さまで持ち上げると、
L96 「お姉さんはこれから仕事に行くんだよ。きみは、一人
L97 で留守番できる?」
L98  猫が、にゃーと答える。
L99  というより、猫用トイレも何も準備してない。
L100  あわてて使えそうなものがないか、家の中を探しま
L101 わった。
  
posted by にお とよむ at 23:45| 千葉 ☔| Comment(0) | 本編・猫と住む、わたし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。