2010年05月28日

猫と住む、私。 6

L117  それと、トイレに手頃な容器も。
L118  会計を済ませ、家路にむかうと急に心配事が頭をよ
L119 ぎった。
L120  買ったはいいものの、この猫缶食べるだろうか?
L121
L122  玄関を開け電気を点けると、慌てたように子猫の声が
L123 キッチンから聞こえてきた。磨りガラスの前で、右往左
L124 往しながら自己主張している。あっちこっちとせわしな
L125 い。
L126  ミルク、足り無かっただろうか…。
L127  そっと、隙間を開けて見ると、猫とばっちし目があっ
L128 た。
L129 「ただいま」
L130  子猫は、ミャーと一声叫んだ。
L131  段ボールの中を確認すると、バスタオルには寝跡がい
L132 いようにぐしゃっとなり、いくつか染みができていた。
L133  小皿は、綺麗に舐めとられたようになっていたが、実
L134 は、大半がバスタオルに染み込んでいるらしかった。
L135  これじゃぁ、お腹空くわなぁ!
L136  一缶開けて皿に取ると匂いを嗅がせてやる。猫はふん
L137 ふんと鼻を鳴らしながら探って、舐めた。そうすると、
L138 俄然食いつきだしたので、床に置いた。
L139  たんと食いなよ、と頭をなで、その間にトイレを用意
L140 してやることにした。買ってきた平たい容器に古新聞を
L141 細長く裂いて入れるだけの簡易トイレ。ご飯を食べ終
L142 わったら、この中に入れて匂いをつけさせよう。
posted by にお とよむ at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 本編・猫と住む、わたし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。