2010年07月14日

7/14 仕事の帰り 海沿いのバス停で

樹の枝が靡いている

風の強い砂浜を二人で歩く

何も聞こえない

見上げるような 青空

向こうに見える不穏な黒雲が 吹きすさばれ流れていく

二人、手をつないで、風に打たれながらゆく

飛ぶ鳥も落とす勢い

まるで何か、暴力を奮うかのような強さで

波と雲と枝と、二人を、空気を

めちゃくちゃにする

風の力
posted by にお とよむ at 23:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 今日の詩情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。